はふりズム

キャンプで焚き火眺めながら酒を飲むことが至福の喜びのおやじブログ

MENU

雨のキャンプを楽しむための方法と注意点とは?それとも潔く諦める?

f:id:iwatoshithm:20210607154019j:plain

出典:写真AC

 外に出て自然を満喫するのがキャンプの醍醐味!スカッと晴れた日もあれば、どんより曇った日もあったりするのは当然ですよね。
 梅雨時期はさっきまで晴れてたのに突然雨が降り出すことも珍しくないので、しっかりと雨対策をやっておけば突然の雨にも慌てずに対応できます。

雨キャンプの注意点

①水はけの良い場所

 もし事前に雨が予測されているならば、水はけの良いキャンプ場を選ぶのも対策の一つになりますね。例えば砂利や芝のサイトはわりと水はけも良いと言われています。
 今はネットで様々な情報が出てますから「水はけの良いキャンプ場」と検索すればヒットするキャンプ場があるかもしれません。

f:id:iwatoshithm:20210607154058j:plain

出典:写真AC

②川や湖の近くはNG

 近年の雨の降り方は今までとはちょっと違うなぁと感じている方も多いと思います。

 特に要注意なのがゲリラ豪雨のような雨が降るとあっという間に周囲の景色が一変して、思いもしない災害に巻き込まれることもあり得ます。
 そんなとき、キャンプ場の敷地内に川や湖があると氾濫して浸水する可能性もあるので、雨予報の中でキャンプに行くなら川や湖など水辺でのキャンプは避けるべきです。

f:id:iwatoshithm:20210607154132j:plain

出典:写真AC

③火器扱いに気を配る

 雨が降ると外での活動ができなくなってしまい、テントの中やタープの下で過ごすことになります。
 そんな時は火器の扱いには要注意が必要です!間違ってもテントの中やタープの下で焚き火のような大きな炎が出る火器の使用は絶対にやめてください。
 テントやタープに火が燃え移る可能性もありますし、一酸化中毒を起こすことも考えられ一歩間違えばとんでもない事故に繋がりかねません。

f:id:iwatoshithm:20210607154159j:plain

出典:写真AC

④着替えの準備は必須

 雨の中でのキャンプですので濡れることは当然のこと、ポンチョのようなレインコートを準備していたとしても着替えは準備しておきましょう。
 できれば頭からつま先までの着替え一式あると安心ですよ。特に小さい子どもが一緒ならなおのこと。

f:id:iwatoshithm:20210607175721j:plain

出典:写真AC

⑤直置きしない

 タープの下だからといって道具を地面に直置きするのはあすすめしません。思いのほか汚れますし、その分後片付けがとっても面倒になってしまいますよ。
 それでも構わないという方はいいですが、車が泥だらけになるのは嫌だ!という方は対策をしておく方が無難です。

f:id:iwatoshithm:20210607175848j:plain

出典:写真AC

雨キャンプの楽しみ方

①読書などに勤しむ

 買いためた本を持参して一気に読み倒すのもおすすめの過ごし方です。どうせ外は雨ですし雨音が良いBGM代わりになってガンガン読み進めるかもしれません。

f:id:iwatoshithm:20210607154226j:plain

出典:写真AC

②カードゲームやボードゲームに勤しむ

 仲間での雨キャンプならトランプとかUNOを持ち込んでカードゲームに興じてみたり、思い切ってボードゲームを持ち込んでみんなで盛り上がるのもありです。
 案外夢中になって雨も忘れるくらい盛り上がることもあるのでおすすめですよ。

f:id:iwatoshithm:20210607175645j:plain

出典:写真AC

③雨キャンプ攻略方法を考える

 雨キャンプは体験するたびに経験値を上げるチャンスでもあります!雨を攻略できればもうベテランキャンパーと言っても過言ではないと私は思います。
 雨天のテントやタープの設営知識は経験しないと得られないものなので、雨キャンプに行くたびに改善点が見つかるはずです。
 そこで得られた知識はあなたの中に絶対的な自信となって生き続けていくはずです!

f:id:iwatoshithm:20210607154332j:plain

出典:写真AC

雨の日は諦める

 とは言っても、「やっぱり雨の中で濡れながらキャンプするのは億劫だ」という方も多いはず。
 そんな方は雨キャンプは潔く諦める方が賢明かもしれません…。実は、私も雨キャンプは苦手でキャンプの予定を立てて予報が雨だったりすると気分だだ下がりになります…。
 そこで少々気が引けますが、雨模様ならキャンプ場にあるレンタルテントを借りるのも一つの手でもあります。
 我が家は集合住宅なので雨に打たれたテントを乾かすスペースもないので、できれば雨キャンプは避けたいのが本音なのです。

まとめ

 わざわざ雨の日を選んでキャンプに行く人はいないと思いますが、雨の中でのキャンプでラッキーなこともあります。
 雨の中でのキャンプというのは面倒で億劫なことばかりなので、キャンセルをするキャンパーさんも実は少なくありません。
 そうなるとだだ広いキャンプ場を思う存分に使い倒すことがでるチャンスです!
 最近はブームのせいか隣のサイトが近くて、周囲が気になって思うように楽しめないと感じているキャンパーさんも多いでしょう。
 もしあなたもそう感じているなら雨を選んでキャンプをするのありかもしれませんね。その時はしっかりと天気の情報を頭に入れて楽しんでください。