キャンプは面倒くさいが役に立つ

キャンプ愛好家のおじさんブログ

MENU

【初心者向け】グループキャンプで迷惑かけないために必需品アイテム7種

f:id:iwatoshithm:20210525180620j:plain

 これからキャンプを始めようとお考えなら、仲間と一緒に行くグループキャンプからスタートするといいでしょう。

 いろんな作業をみんなで分担して、一緒にキャンプのいろんなことを学びながら楽しむことができます。

 とはいっても、すべてをおんぶにだっこというわけにはいきませんから、キャンプに行くのなら自分の身の回りに関するものくらいは準備しておきたいものです。

 今回は初めてのキャンプでもこれくらいは持ってきてほしい道具をピックアップしていきますので、参考になれば嬉しいです。

キャンプに必要な道具とは?

 さっそくですが初めてのキャンプで必要な道具とはどんなものがあるでしょうか。仮に時節は初夏で寒さも和らぎつつある条件下でのキャンプを想定して、必要とされるものをピックアップみますね。

考えられる必要なキャンプ道具

  1. テント
  2. 寝袋(シュラフ
  3. 椅子
  4. カトラリー(食器)
  5. 照明器具
  6. マット
  7. クーラーボックス

 以上の7つのアイテムがあれば完璧です!それでは順番に解説していきます。

①テント

 誰かがビッグサイズのテントを持ち込んで、「一緒に使っていいよー」なんて言ってくれる人がいれば準備する必要はありません。キャンプ場によってはレンタルもあったりするので必ずしも購入しなくちゃならないということもありません。

 でもせっかくだから自分好みのテントでキャンプしたいとお考えなら、しっかりと吟味して購入してください。ただテントも名の売れたものはかなり高額になるので、その辺はあなたのさじ加減にお任せしますが。

 ポイントを上げるなら今回は一人で使用するので、サイズはこじんまりとしたもの、一人用、または二人用のサイズで十分!身長が180cmオーバーなら二人用が良いかもしれません。

②寝袋(シュラフ
 寝袋は一つ持ってても損はないと思うので、思い切って購入しても良いアイテムだと思います。普段はなかなか使うことはないかもしれませんが、今はいつ何が起こるか分からないし、もしもの時にはきっと役に立つアイテムの一つです。
 寝袋はダウンと化学毛織の2タイプがあって、寒い時期ならダウンタイプ、温かい時期なら化学毛織というふうに使い分けたりします。
 ただダウンの寝袋はお値段がハンパなく高い!良いものは10万近くするのもざらにあるくらい!ここはひとまずお得な3シーズン対応のタイプで手を打ちましょう。
③椅子

 これも外せないアイテムの一つで、野外で過ごすキャンプでは椅子がないと地べたに座ることになります。

 キャンプ中はくつろげる場所といったら椅子に座ってる時しかないので、自分の好みに合う座り心地の良い椅子を準備しておくと良いでしょう。

 椅子選びでポイントをあげるとするなら、腰をかけたときの高さは結構重要かもしれないです。腰が深く沈みすぎる椅子は一度座ると立ち上がりたくなくなる魔の椅子で、作業が多いキャンプにはあまりおすすめではないかもしれません。(個人の意見です)

④カトラリー(食器)

 これはさすがに貸してくれそうな気もするので準備する必要はないかもしれませんが、マイ箸とかコップくらいはあってもいいかもしれませんね。

⑤照明器具

 全体を灯すようなサイズの照明は誰かにお任せするとして、自分の手元足元を照らすための小型の照明器具は持ってた方が良いです。

 小型の懐中電灯でも良いですが、キャンプの中においては両手をフリーにできるヘッドライトが最適。

 キャンプ場は外灯も少ないので、夜間の移動は照明がないと危ないし、夜中にトイレに起きたときもヘッドライトがあれば両手も使えて便利。

⑥マット

 ここでいうマットというのはテント内に敷くもので、寝袋で寝るときに地面の凹凸などを緩和する役割を持っています。

 正直な話、このマットがあるのとないのとでは翌朝の体の具合が全く違うので、お年を召した人ほど必需品かと思われます・・・。

⑦クーラーボックス

 こちらは必須とまでは言いませんが、自分の飲み物を保冷するくらいのつもりで準備しておくと良いと思います。

 食材等は大きいサイズのクーラーボックスを持ってる人に甘えさせてもらって、小ぶりなソフトクーラーならそれほど邪魔にもならないと思います。

まとめ

 いかがでしょうか、以上が私が考える準備しておいた方が良いと思うキャンプアイテムです。

 ご紹介している商品はあくまで一例にすぎませんので、ネットで検索すればわんさと出てきますからお好みのものを探し出してください。

 細かく言えばまだまだたくさんお伝えしたいことはありますが、それはまた後でご紹介していきますのでお楽しみに。

 そして、願わくばせっかくキャンプを始めようと大きな一歩を踏み出してくれたあなたに、これからもキャンプライフが続きますようにと心から願っております。

 思いっきりキャンプを楽しんでください!