キャンプは面倒くさいが役に立つ

キャンプ愛好家のおじさんブログ

MENU

キャンプは野外だからって何でもありじゃあないんです!自然相手の遊びだからこそルールは守らねば!

f:id:iwatoshithm:20210701145105j:plain

出典:写真AC

 ここまでになるとは。今まさに空前のキャンプブーム到来と言っても過言ではないでしょう。いろんな要素が重なったことも理由のひとつですが、まさか女性のソロキャンパーが登場するまでになろうとは想像もしなかったです。

 キャンプ愛好家の一人としては業界が盛り上がるのはとても喜ばしいことですが、正直に申し上げて招かれざる迷惑キャンパーがたくさんいるという現実をお話したいです。

なぜルールが守れないのか

 そもそもキャンプ場には必ず守るべきルールが存在します。ルールのないキャンプ場なんてどこを探してもありません。たとえ管理人のいない無人のキャンプ場だとしても、人として守るべきマナーがあるのです。

 キャンプ場で受付をするときにきっと説明を受けてるはずなのに、それが守れない人がこんなにたくさんいることに愕然とします。

 大自然の中でテンションが上がってつい盛り上がりすぎてしまうのはわかるけど、せっかく屋外に来たんだから大自然の中でしか味わえないことをしっかりと堪能してほしいです。

キャンプ場での迷惑行為

 それでは私が実際に遭遇した迷惑キャンパーをいくつかご紹介しましょう。

■多勢に無勢

 まるで何かの映画のワンシーンのようでしたが、バイクや車で颯爽と現れたグループで何台で来たのか分からないくらいの大所帯で、子どもから大人まで総勢数十人でやってきて、「貸し切りか?」と勘違いするくらい自由奔放な人たちでした。

 焚火一つにしてもキャンプファイヤーくらいの炎をたて、映画を映すスクリーンまで持ち込んで映画上映まで始まり、夜遅くまで宴会が続けられ、騒ぐだけ騒いで去っていきました。

 頼むから誰か山でも買ってプライベートキャンプで楽しんでくれたまえよ。

■音の気配りは大切

 音のトラブルは実は結構多いのです。今どきはあるあるですが、ワイヤレスのスピーカーを持ってきて音楽を流しながらキャンプを楽しむ人をよく目にします。あれも人によってはとても不快に感じてるから要注意です。

 自然に合うような曲調ならまだしも、けたたましい曲は避けた方がいいです。というかこれは個人的な意見になりますけど、よく楽器を持ち込む人もいますができればあれも止めていただきたいですね。

 あとやたらと車のドアを開け閉めしたり、薪を割る時間帯も夜中や早朝はやめてほしいです。

■人のサイトに割り込む

 ありがちなのがテントを固定するガイロープが自分のサイトで収まらず、よそのサイトにまたがってしまうことがある。
 いけないのは何も言わずに黙って勝手にペグを打ち付ける行為、ちゃんと言ってくれればダメとは言わないものなのですが…。

 あとよその子どもが他人さんのサイトで遊んでしまうこともなかなかの迷惑行為というか、サイトにはいろんな道具が置いてあったりするので転んだりしてケガとかされると困るから、親御さんはちゃんと見ててほしい。

■やたらと煙を出す

 「仕方ないだろー!」と言われそうですが、はい、おしゃる通り仕方ないことなのです。すべては風向き次第なのでしょうが…、できればあんまり浴びたくはないです、はい。これは迷惑というより願望ですね。

■やたらと車で出かける

 オートキャンプ場でたまに見かけるのが自分のテントを張ったあと、やたらとちょこちょこ出かける人たち。だいたい想像つきますが何かしらの買い出しとかお風呂とかでしょ。

 風呂なんて1日くらい入らなくても死にはしませんし(連泊なら別ですが)、買い出しだって最初に済ませときゃいいだけの話です。

 1度不思議なファミリーキャンパーと遭遇したのですが、テントは張ったけど他の道具が一切ない。そして車でどこかへ出かけて戻ったのは日が暮れてからで、食事も焚火もせずそのままテントにイン。

 そして朝を迎えるとまた車に乗ってどこかへ出かけていき、チェックアウト前に戻ってきてテントをたたんで帰っていきました。もしかしてだけどテントに寝にきただけで食事や風呂のために外に行ったってことですよね?

■焚火に水かけて消火する人

 滅多にいませんが、まれにやる人がいます。熱々の炭や焚火台に水かけると一気に蒸発して、煙と灰が舞い上がって周りのテントやタープや車に降りかかるから絶対にやめてください。

■炊事棟にゴミを置いていく

 食器など洗うときに出る生ごみを排水溝にそのままにしていく人。次に使う人のことを考えるとできないはずですが、もちろんご自宅でもそうなさっていらっしゃるのでしょう。

■炊事棟で焚火台やBBQコンロを洗う人

 上の生ごみと似たようなことですが、そもそもそこは焚火台などを洗う場所ではありません。まして炭のカスをそのままにしていくなんてありえません。

■ペグの抜き忘れ

 テントやタープを張るときに地面に固定するペグですが、撤収するときには抜き忘れとかないように気をつけましょうね。じゃないと次に来たキャンパーさんが知らずに車で踏んでパンクしたり、人が躓いたりして危険で迷惑です。

■挨拶はコミュニケーションの基本です

 別に何か話をしてほしいというわけではありません、せめて挨拶されたらきちんと返してほしいものです。

■帰り道の途中にゴミ捨て

 キャンプを終えて途中のコンビニや施設でゴミを捨てていくのも重大なマナー違反です。きちんと自宅まで持ち帰って廃棄するようにしましょう。

 これは極端な例ですが、ほんの一部の人のせいで閉鎖に追い込まれたキャンプ場だってあるのです。

他にもいろいろあるけれど

 上に挙げたものはほんの一例にすぎません、他にもたくさんの迷惑行為がありますがとりあえず私が思いついた事柄を書き出してみました。

 よく「キャンプの楽しみ方は人それぞれ」なんてことを耳にしますが、人に迷惑をかけてまで楽しんでいいなんて一言もいってないです。

 先にも書きましたが自由にやりたいなら自分で山なり野原なり土地を購入してやってください。そこなら思う存分楽しんでも誰も何も文句を言う人はいません。

 こんなネガティブな苦言は言いたくはありません、みんなで楽しくキャンプをしたいだけなのです。キャンプ場のルールはしっかり守ってキャンプ場やキャンパーさんの迷惑にならないように心がけましょう。